スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肌の疲れを取って美白

しばらく仕事が忙しい日が続いた時がありました。
長時間の残業が続いて忙しかったこともあり、美白対策も手抜きに…。
ついでに食べるものも適当になって寝る時間もちょっとだけ。
なんて日が続いてある日鏡を見たらびっくり!5歳くらい老けてたんです!(おおげさじゃないのが悲しい(-_-;))
体と精神が疲れていることは自覚してましたが、肌も疲れるものなんですね。
このままでは美白グッズを使っても効果がないと感じたので、まずは肌の疲れをとってあげることにしました!
健康な肌に美白グッズを使ったほうが効果が高いのは当たり前ですからね!
まず、仕事が終わって返ってきたらすぐに洗顔をすることにしました。
メイクされている肌は疲れてしまうらしいですよ。
だから、「もう今日は外出しない」ということが確定したら、すぐに化粧を落としてしまいます。
そのついでに顔をマッサージしてあげましょう。
疲れている肌って、いつもの健康な肌に比べると硬くなっているんです。
何日かマッサージをすると、少しずつ肌が以前の柔らかさに戻っていくのを実感しました♪
あとはやっぱりしっかり食べてゆっくり寝ることですね。
体や精神的な疲れというのは、そのまま肌の疲れに繋がってしまうものです。
肌が硬いと美白化粧水の浸透も悪くなってしまうので、肌を疲れさせない生活を目指しましょう!

肌が弱い人は低刺激の美白

美白に効果がある成分というのは、刺激が強いものが多いです。
ハイドロキノンなんかも有名ですが、成分として非常に強いので、肌が弱い人には向かないのが悲しいところ(/_;)
私はそんなに肌が弱いという認識もなかったんですが、とても美白効果が高いと噂されていた某化粧水を使ったところ、顔がヒリヒリして全体的に赤くなってしまった経験があります…。
体調も関係あるみたいですね~。
その時は風邪をひいていたんですが、体調がいい時に使ってみたらなんともありませんでした。
普段から肌が弱いと感じている人は、出来るだけ低刺激のものを選択してみましょう!
どうやって刺激が強いかどうか見極めるのか?というと、パッケージなどを見れば確認することが出来ます。
多くの美白化粧品というのは、出来るだけ美白効果を高めようとして、刺激も強くなってしまっているんですね(=_=)
そんな中で「低刺激」とはっきり書かれている商品は、相当肌への刺激に注意して作られていると考えられます!
もちろん、かなり効果が高くて低刺激のものがあれば理想なんですが…。
肌が弱い人はまずは低刺激であるかどうかを第一に考えて、その上で効果について考えるといいですね。
効果があっても、刺激が強かったら使い続けることが出来ません。

日焼け止めの使い方

美白対策をするのであれば、日焼け止めの正しい使い方を知っておく必要があります。
どのように日焼け止めを使っていますか?
私は、昔こんな使い方をしていました。
朝起きて化粧をする際に下地として日焼け止めを使い、ついでに腕とか足とか首にも塗ります。
これで日焼け止めによる一日の美白対策は完了!(^o^)
…はい。もちろんこの方法は間違っていると今になって知りましたorz
美白対策をしっかりするのであれば、日焼け止めは一日に何度も塗りなおさないといけないんです!知らなかった…。
あ。化粧下地を別に使う場合、日焼け止めのほうが先ですよ(^^)
それから、量はたっぷり塗りましょう。
実際、塗る量が足りていない人はとても多いようです。
一度しっかり塗ったら、また重ね塗りするくらいのイメージで塗ったほうが効果が期待出来ますよ!
でも、何度も塗りなおすっていったって顔は既にファンデーションを塗ってしまっています。
この上からまた日焼け止めを塗るのか…と思っていたら最適な商品を見つけました!
それは、スプレータイプの日焼け止めです。
化粧をしていても、その上からスプレーして美白対策が出来ちゃいます(^○^)
お化粧直しにファンデーションを塗る必要はありますが、とっても楽ですよ。

日焼け止めのSPF・PAってなに?

美白ケアとしてとても大切なことは紫外線対策です。
日焼け止めに書かれているSPFとかPAってなんのことだか分かりますか?
私は全く分からないで、とにかく数値が高いものを選んで使っていました(・.・;)
でもこれってかなり肌に悪いことをしていたんです!
まず、SPFっていうのは、日焼けが始まるまでの時間をどれくらい延ばせるか?ということです。
紫外線の強さにもよりますが、一般的な晴れの天気だと、肌に紫外線が当たり始めてから約20分後くらいに日焼けが始まるんですね。
SPFはこれを基準にしています。
20分×SPFの数値となり、例えば、SPF10の日焼け止めだったら、20分×10=200となるので、200分までは日焼けを食い止める効果があるということになります。
SPFは、紫外線に含まれるUVB波というものをブロックしてくれます。
次にPAについてです。
これはUVA波というものを防ぐ力のことで、PA+~PA+++として「+」で示されます。
一番弱いのが+で、+++が一番強いです。
美白対策として日焼け止めを塗る場合、SPF50のPA+++という強いものを選択すれば美白対策は完璧というわけではありません。
なぜかというと、成分が強くなるほど肌に与えるダメージが大きいからです。
しわなどを防ぐためにも、活動状況などに合わせたものを選びましょう!

地黒も美白できる

よく、「私は地黒だから美白は出来ない」と思っている人がいるみたいです。
でも、本当にそれが自分の肌の色なんでしょうか?
早速チェックしてみましょう!
方法は簡単。胸のあたりの色を確認してみましょう。
二の腕の内側でもいいです。
ここは、あまり露出が多くなく、紫外線の影響を受けにくい場所だと言えます。
私は地黒だから…と思っていた人!顔もそこと同じ色でしょうか?
もし胸や二の腕の内側のほうが色が白かった場合、それが本来の色です。
逆に言えば、適切な美白対策を取ることにより、同じ色にすることが出来るということです。
例えば、昔からずっと運動部に所属していたから黒くなってしまったという人も、それは本来の肌の色じゃないですよね。
もともと色が黒い人というのは、肌のメラニンを作る細胞が人より多いんです。
でも、美白対策を取ることによってメラニンを減らすことが出来ます!
メラニンを作る細胞が多いということは、紫外線に肌が反応しやすい人だとも言えるので、日焼け止め対策はしっかり行っておきたいですね。
いくら美白対策を頑張っていても、それを上回る勢いで日焼けしてしまったら意味がありませんから…(・.・;)
時間をかければ、きっと今より白くなることが出来るはずです!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。