スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日焼け止めのSPF・PAってなに?

美白ケアとしてとても大切なことは紫外線対策です。
日焼け止めに書かれているSPFとかPAってなんのことだか分かりますか?
私は全く分からないで、とにかく数値が高いものを選んで使っていました(・.・;)
でもこれってかなり肌に悪いことをしていたんです!
まず、SPFっていうのは、日焼けが始まるまでの時間をどれくらい延ばせるか?ということです。
紫外線の強さにもよりますが、一般的な晴れの天気だと、肌に紫外線が当たり始めてから約20分後くらいに日焼けが始まるんですね。
SPFはこれを基準にしています。
20分×SPFの数値となり、例えば、SPF10の日焼け止めだったら、20分×10=200となるので、200分までは日焼けを食い止める効果があるということになります。
SPFは、紫外線に含まれるUVB波というものをブロックしてくれます。
次にPAについてです。
これはUVA波というものを防ぐ力のことで、PA+~PA+++として「+」で示されます。
一番弱いのが+で、+++が一番強いです。
美白対策として日焼け止めを塗る場合、SPF50のPA+++という強いものを選択すれば美白対策は完璧というわけではありません。
なぜかというと、成分が強くなるほど肌に与えるダメージが大きいからです。
しわなどを防ぐためにも、活動状況などに合わせたものを選びましょう!
日焼け止めの使い方 | Home | 地黒も美白できる

Comment

Post comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。